介護事務の資格取得なら

 

介護事務

介護事務を取得して

就・転職に有利な技能と、暮らしに役立つ知識を

一度に手に入れよう!

 

介護事務」の資格は、介護保険を勉強して介護サービスをお金の面から学ぶことができます。

 

介護保険制度は、40歳を超えると介護保険料を支払うこととなり、身近な人や自分も利用することになる制度です。他人事ではありませんし、制度を理解していないと損をすることも十分にありえます。

 

介護事務を学ぶことで就・転職に有利になるのはもちろんのこと、暮らしに役立つ知識も一緒に身につきます。

 

さらに福祉の資格の中でもケアマネージャーや介護福祉士は実務経験などの受験資格が必要ですが、その点、介護事務は年齢、実務経験などを問わず誰でも身につけることができます。

 

その上、介護事務の中心的な業務となる介護レセプト作成に丸暗記は不要なので、気軽に始められます。

 

今すぐ就・転職したいという方はもちろん、将来の再就職をお考えの方も、今身につけておいて必ず役に立つスキルです。

 

↑  ↑  ↑  ↑  ↑

介護事務講座を検討する時に私が利用したサイトです。

申し込みは簡単1分!すべて無料です。

資料請求後の勧誘なども一切ありません。


 

介護事務取得をお考えのあなたへ

 

介護事務

介護事務の資格を取ろうと思った時に「どんな仕事なのかな」「資格はあった方がいいのかな」「本当に需要はあるのかな」「独学でもとれるのかな」などのお悩みを持っていませんか?

 

私もそうだったんです!

 

そこで、色々なサイトを検索して、いくつか通信講座の資料請求をしたり、本を読んだりして調べました。

 

これからも間違いなく需要は伸びる

介護事務需要

結論として、65歳以上の人口の増加が続き、総人口の23%にも上っている超高齢化社会の日本では今も将来も需要の高い必要な資格であることは間違いないと思いました。

 

その理由として、この超高齢化社会を支えるためにできた「介護保険」はこれからますます大きな役割を担っていくことになり、その介護保険の中で重要な役割を果たす「介護事務」技能者が今もこの先も求められるからです。

 

さらに介護業界は慢性的な人手不足の状態です。インターネットで介護関連の求人を検索してみると、多くの求人情報を見つけることができるかと思います。ということは、介護関連の資格やスキルがあれば就・転職にダンゼン有利に働くということです。

 

今すぐ就・転職したいという方はもちろん、将来の再就職をお考えの方も、今身につけておいて必ず役に立つスキルだと思います。

 

女性の方やすでに介護業界で活躍されている方にオススメ

介護

ただし、給料は決して良いというわけではないので一家の大黒柱としてこの資格だけでは正直厳しいのではないかと思います。

 

この資格は、女性の方やすでに介護業界で活躍されている方に特におすすめの資格です。

 

この資格の良いところの一つは、結婚、出産、引越しなど一度職場から離れても再就職しやすいところです。

 

また、介護業界の方であれば介護事務のスキルを身につける過程で自然と介護保険制度を体系的に理解することができ、介護レセプトを作成出来るようになることも大きな魅力です。

 

ケアマネージャーの方ならレセプトを自分で作成できますし、やり方を理解しているだけでも仕事のスピードがダンゼン上がり、今まで以上に効率的に仕事を進める事が出来ます。

 

さらに、介護事務は介護サービスをお金の面から学ぶので、サービスを提供する側に知識があるのとないのとではかなりの差がでます。
学ぶそばから今の仕事に活かすことができ、利用者の方によりよいサービスが提供できるでしょう。

 

どういう方法で取得するのがいいの?

介護事務通信講座

介護事務の資格を取ろうと思った時に考えるのは、独学でとるか通信講座を利用するか、通学講座を利用するか悩まれるかもしれません。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるので一概にこれがいいとは言えませんが、おすすめは通信講座での資格取得です。

 

なぜならば、独学はテキストや学ぶペースなどは自由にできますが、なかなか自分で計画を立てて勉強できる方は少ないのではないでしょうか。

 

ちなみに私は追い込まれないとやらないタイプなので無理です(笑)。それと、独学だと勉強している方向性が正しいのかわからなかったり、最新の情報も入手しづらいです。

 

通信講座は、自宅で学べテキストもプロ集団が効率良く合格するためにまとめ上げたものなので勉強していて安心感が違います。わからないことは気軽に質問できるし、金額も通学講座よりはかからないのでいいのではないかと思います。

 

この金額を最初にかけて独学で勉強するよりもはるかに早く資格を取得し就職することができれば、その分の給料ですぐに元がとれると思います。タイムイズマネーですね。

 

通学講座は、直接講師の方の指導が受けられるのはすごく理解度が高まり、カリキュラムが決まっているので流れに乗ってさえいれば合格できるメリットはあると思いますが、通うのが大変なのと自由な時間に勉強できないのは忙しい方にはとくにデメリットなのではないかと思います。

 

勉強法は人それぞれ自分にあった方法を選択すればいいと思うので、参考意見の一つとして考えてください。

 

私が利用した資料請求サイト

 

介護事務にはたくさん種類があるみたいでどの資料を集めていいかわからず、とりあえず介護事務の資料をいくつか一括請求できるサイトがあったので、そこで申し込んでみました。ちなみに私は医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」" target="_blank">シカトルを利用しました。

 

一括請求出来るサイトはいくつかあるみたいですが、完全無料で年間100000人が利用し、介護事務を一番多く取り扱っているのがここみたいです。

 

日本医療事務協会・ユーキャン・ニチイ・未来ケアカレッジ・EDC医療福祉学校の介護事務講座の資料が一括で請求できます。
 
資料請求した後に勧誘の電話なども一切ありませんでした。

 

資料を読んでみて私は、受講生1800万人の実績とサポート態勢、知名度から「生涯学習のユーキャン」を選びました。

 

ただ、講座内容や就職支援、料金、期間、知名度など人によって重視するものは違うと思うので、あなたが何を選ぶかはじっくり資料を比較検討して決めて下さい。

 

>>資料請求はこちら   >>シカトルでの申し込み方法の詳細はこちら(図解)
 

もう受けたい通信講座が決まっている方はこちらから資料請求できます(公式サイト)

 

ユーキャンの介護事務講座

 

ヒューマンの通信講座 『介護保険請求事務』

 

がくぶんの「介護事務講座」

 

ニチイの介護事務講座

 


 

 
トップページ 介護事務試験の勉強法 介護事務の通信講座 介護事務の体験談